運命の人ってあるの?運命の出会いを解説!

この人と結婚するかもしれないと感じる?

 

運命の人っていると思いますか?世界全ての人口は2021年段階で78億万人。日本の総人口は1億万人。多くの場合、日本国内で出会うはずですよね。

しかも多くの場合、自分が住んでいるエリア内で行動するはずなので更に人口数は少ないでしょう。その範囲で出会う中に運命の人がいる!?

 

一目ぼれでこの人しかいない!と思った人多数

一目ぼれ

 

運命の人=「自分で強く感じる」としたら、良く聞くのが一目ぼれしたとか、初めて会った時に「この人は・・・」と明らかに他と違う感情を持ったという体験です。

 

  • 友達として紹介された彼を見た瞬間震えた
  • 飲み屋でバッタリ会った彼女にビビッと来た
  • すれ違いざまに電撃が走って声をかけた
  • 大学内で彼を見た瞬間、強烈なタイプだった
  • 会った瞬間にこの人と結婚すると思った

 

運命を感じた=最初の段階で衝撃的な感覚があったとか、この人と付き合うかも?この人と結婚するかも?といったヒラメキのようなものが会った瞬間から感じたという体験談はかなり多いです。

 

あとからジワジワ感じる運命の人

結婚願望

 

会った瞬間からずっと運命の人だと感じていたという人達がいる一方で、後からジワジワと感じていくタイプの人もいます。付き合ってから、付き合う前の知り合いの段階からジワジワと運命的だと感じるパターンです。

 

  • 内面を知るほどに出会うべくして出会ったと感じた
  • 付き合って相性の良さとかで運命性を感じる
  • 後から出会うタイミングが運命的と思える
  • 彼と出会って自分が変われたから
  • 出会ってなかったら今は無いと感じる
  • 長年一緒に居て思うようになった

 

最初に出会った時はなんとなくだったものが、旅行したり日ごろの生活の中で驚くほど理解できる所が出てきたり、トラブルがあった時に助けられたり、後から考えたら出会いのタイミングも含めて運命的だったと感じる事もあります。

 

結婚してから運命だと感じる夫婦も多数

運命の出会い

 

結婚してから運命的な出会いだったと感じる夫婦も多くいます。夫婦のコメントは年齢関係なく溢れていて長年連れ添って生活を共にしていると空気のように感じる夫婦もいますが出会いを思い返すと運命だったと語る夫婦が多いです。

 

  • 結婚当時は苦労したけれど運命だったと思う
  • 結婚20年の間色々あったけれど妻で良かった
  • 偶然会った同級生の妻と運命を感じています
  • 亡くなった母が父とは運命だったと言っていた
  • 大病を患った時に夫に感謝した時に感じた

 

夫婦だと「出会った頃を思い出して」「夫婦生活をしていく中で」「高齢になってから思い返してみて」パートナーとは出会う運命だったのだと語る事が多いです。

結婚する事で幸福になったり、困難を解決できたり、長い間過ごしてから運命だったと思えるのは素敵ですよね。

 

運命的な出会いは自分が感じるかどうか!?

運命の出会い

 

運命的な出会いだと感じるにはいくつかの要素があることが分かってきました。それは自分の中で想像していた事に一致するかどうかと、相手と出会った事で人生が好転したり、問題が解決したりして自分にとって必要だったと感じるかどうかです。

人は物語を好むものです。後付けでもいいから自分が出会った人との物語があると運命的だと考えます。

誰にとっても人生の時間は限られていて引き返せない片道のものなので自分が納得出来る相手と過ごせたら素敵です。運命的だと感じる要素は色々ありますが自分がそう感じるかどうかです。

 

出会ってすぐに感じるか後から感じるか

運命を感じる出会いは

 

運命的な出会いだと感じるのは「出会った瞬間」だという人と、結婚後に感じる「後から思い返して」ような2つの感じ方がある事がわかります。

運命的な出会い=衝撃的な気持ちになるというばかりではないということですね。

一緒に人生を歩みだしてから多くの出来事を乗り越えたり、楽しんだりしていく中でこの人が運命の人だったんだと感じる事も多いので、運命の人だと最初に感じなくても後から実感出来る事も多いのです。

 

そもそも他人同士が出会う事自体が奇跡的で運命!?

運命的な出会いを考える

 

少し数値的な考え方になりますが、人と人の出会いはそもそもが奇跡的だという考え方もあるでしょう。

人の人生が80年の時間しかないとして、同じ時代に生まれていなければ出会う事はありません。江戸時代と令和で生まれた人が出会う事は無いでしょう。このスパンだけでなく、年齢差が30歳以上になると、これも確率が下がります。

もっと言えば国が違うと出会う可能性は下がり、更に生活圏が違いすぎたら出会う可能性は下がりますよね。

更に出会いアプリで出会ったなら同じアプリを使っていないと出会っていないし、職場で出会ったなら同じ会社に就職していなかったら顔を合わせる機会すらなかったでしょう。

 

出会った二人は運命。大事にすべき!?

 

生まれた時代、生きている国や地域。出会いは数々の困難を乗り越えて起きた「運命的な出会い」なので、好きになった人や出会って付き合った相手は大事にしたいですね。

運命的な出会い=衝撃というよりも、出会った全ての人に対して感謝を持てれば素晴らしい人生になるのかもしれません。

 

 

人気となっている記事一覧