離婚を経験して得たもの・失ったもの

離婚で得られるものもあるというお話

 

ここでは離婚経験がある当事者が離婚について書いています。離婚にも色んな事情が存在していて泥沼化しているもの、まるで友達のようにわかれるもの色んな離婚があるとは思いますが結果的に夫婦が離婚して他人に戻る事なので円満離婚というよりも離婚とは夫婦が他人になってしまうもの。が現実です。

では離婚によって人生が完全終了かというとそうではありません。離婚に迷っている、離婚したくない、離婚してしまったなど離婚に関して伝える事で何か得られるものがあればと思います。著者は離婚経験は1回、現在再婚をして家庭を持っています。

 

離婚に至るまでの葛藤は尋常じゃないストレス

離婚で得られるもの

 

離婚というとネガティブなイメージが先行しますがある程度は当たっています。何しろ離婚をしようかという結論に至るまでの時間は恐らく苦行の世界でしょう。当初は妻を愛しているわけですからそれが壊れていく過程は葛藤の連続となります。離婚の本当の苦痛は離婚を決めた後ではなく離婚を意識してから離婚を決意するまでかなと思います

 

離婚理由で多いもの抜粋
  • 性格の不一致、性の不一致、価値観の違い
  • 不倫、異性関係の問題
  • 暴力、虐待、言葉の暴力など
  • 金銭問題、ギャンブルなど
  • 仕事関係、倒産など

     

    これらが良く聞かれる離婚理由ですが相手が浮気をしたとかだと相当な怒りと絶望で精神的にも圧倒的なストレスを受けますしいきなり借金が500万ありましたとか会社が倒産しましたとか、連帯保証人になって負債を抱えたとかどうしようもない事が起こると人は結構弱いものです著者の場合、こうした急激な問題が起こったのもありますが最も面倒な原因である性格の不一致もありました。

    パートナーの異性問題+性格の不一致+価値観の相違というスペシャルコースだったこともあって相当な苦行を背負うことになりました。

     

    離婚するという選択はそれ以外に方法が無いということ

    離婚

     

    それぞれ事情があるとしても最終的に離婚に至る場合、離婚以外に解決方法が無いという事になります。離婚を確定するまでには散々回避方法が無いか模索するのですが無いので離婚に至るという事です。なので離婚に至った後というのは根本的な解決には至っているのである程度は楽にはなります。

     

    • 子供がある場合子供に影響が無いように最大限努力は必須
    • 互いの離婚後の生活が滞りなく出来るように考慮
    • 完全理解出来ないとしても徹底的に話し合って決める

     

    離婚は双方に問題があったと考えるほうが納得

    離婚で得るもの

     

    極端な理由があって離婚したケースでは片方にしか絶対に原因が無いという夫婦もあるはずです。しかしそうであったとしても夫婦の事なので私の場合自分にも原因があったのではないかと色々考えました。そうすると見えてくる事も多かったのです。

     

    1. 妻に浮気疑惑があった→自分に満足していなかった
    2. 価値観が合わなかった→自分のほうにも問題があった

     

    組み合わせの問題もあるかもしれませんが夫婦は2人なので片方だけの問題で片付かない事で互いが影響しあって事が起こったと考えるほうが自然なのです。

     

    離婚を経験して得たものが活きる再婚時

    離婚原因

     

    離婚によって失うものと得られるものがあるわけですが人生長いので人によっては新しい出会いがあるかもしれません。一度結婚生活に失敗すると多くが2度と結婚するのは嫌になり時に結婚不適合ではないかと考えるかもしれませんしかし出会いとはマッチングアプリでも街中での出会いでもそうですがタイミングに乗ってやってくるものですそうした時に過去の恋愛・結婚・離婚が活きてきます。むしろ邪魔になるとも言えますがプラスに働く事も多かったりします

     

    • 相手の気持ちを出来る限り知ろうとする
    • 何か自分に悪い所があるのか気になって確認する
    • 傷つけていないか、つまらなくないか気にする
    • 出来るだけ話し合いをして理解しあおうとする

     

    離婚前はこういう一面が表に出にくかった気がします。自分はこうした当たり前?の事が出来ていなかったか表に出していなかったので長年の結婚生活で失敗したと感じていたのでその後は気を付けるようになっていました

     

    離婚による経験は恋人の別れにも共通

    離婚問題

     

    離婚で気づく事になったわけですが、恐らく結婚が恋愛であったなら同じく別れによってこうした事に気づいたはずです恋愛中と婚姻中は責任の度合いも違うし関係性も違うので比較にならないですが根本はパートナーあっての事なので同じかなと思っています別れによって考え方を変えないのも生き方だし変えていくことで自分を微調整することも生き方かなと思い仮に自分の良い面があればそれは残しながら悪い部分があればそれを削っていくと良いかなと思ってます。

    結果、出会いがありお付き合いをし再婚に至っているのでこうした流れの中で得たものも多いです。離婚はマイナスイメージがのしかかりますが(恋人との破局も含めて)そうなってしまった後では仕方ない事なので後は残りの人生で挽回していく感じがいいですよね。

     

     

    今みんなが読んでいるページはこちら