年の差婚・年の差カップルは幸せが続きやすい?

年齢差カップル・夫婦が急増しているワケとは

 

男性が25歳年上とか、女性が15歳年上とか芸能人の年の差婚が話題になる事が多いですよね。以前は珍しい事もあって話題性がありましたが、年々増えているせいか珍しく感じなくなってきた気がします。

一般人の間でもSNSなどでは都市の差カップルが多く登場し、周囲でも5歳~10歳程度の年の差は当たり前、中には20歳以上の年の差カップル、夫婦が増加しています。

 

年齢による加齢速度の差が凄く広い現実

 

子供を持って参観日に行くと多くのお父さん、お母さんが一堂に集まっています。おおよそ同年代の事が多かった時代に比べると現代は様々な年代が混在している事に気づきます。

時代背景もありますが初婚となる年齢が高い傾向にあるだけでなく、離婚・再婚も増えているため20代~60代といった広い年齢層がいます。

参観日や運動会で子供の友達の親を見ると想定では30代後半かな?と思っていたのが実は40代だったり、50代後半かな?と思っていたら実は40代に入ったばかりだったりしますよね。

人の見た目は元々持っている雰囲気、髪型、服装でも印象は変わりますが老化の進行度は個人差があります。凄く若く見える方もいますよね。

 

生活・美容・医療で若々しい中年層が増加

 

昭和時代を知っている方だと、当時の40代~60代に比べると令和時代の40代~60代のほうが若々しいように感じますよね。専門家もその辺りは色々情報を出していますが仕事の効率化、生活環境、美容、医療の発達で平均年齢が伸びて、肉体的精神的なストレスの軽減も関係しているようです。

確かにタレントを見ても40代~50代だと働き盛りで人気の真ん中にいる人たちが多いですよね。昔の40代以上に比べると見た目も凄く若く感じます。

このあたりから魅力的な中年世代以上が増えているのも要因でしょう。芸能人でも40代~50代は人気の人達が非常に多くいます。第二次ベビーブーム世代の40代後半~50歳前後は人口も多くなっています。

 

40代50代の芸能人は魅力的で若々しい人が多い

 

松嶋菜々子、米倉涼子、内田有紀、広末涼子、篠原涼子、吉瀬美智子、木村拓哉、大野智、櫻井翔、佐藤工、綾野剛、杉浦太陽などなど一昔の40代50代より若々しくて、年齢が低く感じる人が多いですよね。

現代の中年層の中に魅力あふれる人が増えている事は、一般社会でも同じ事です。格好いい40代50代、綺麗な40代50代は多くなっています。

 

年の差カップルにとって風当たりが強い!?

 

年の差婚、都市の差カップルに対して風当たりが強いと感じる事もあるようです。婚前(結婚はせずに付き合っている状態)のデータは公式には余り無いですが、婚姻した二人の年齢差のデータは多く出されていて、最も多いのが同年代(20-30代が多い)です。

しかし年齢差が10歳以上ある夫婦も一定数いて、これは増加傾向にあります。社会の風潮も影響しているようですが以前は年の差婚について拒否、批判的な意見も多く見られていました。15年前にSNSなどを調査した事がありますがその頃のメモを見ると

 

  • おじさんと結婚するのは金の目的だろう
  • 結婚してすぐに介護が始まるのは嫌すぎる
  • 一回りも二回りも離れた年下とか気持ち悪い
  • 価値観が違うからすぐに別れる
  • 育った時代背景が違うから合うわけない

 

こういった意見が過去にはあったのも事実です。現在もSNSやYahoo!ニュースで歳の差婚があればコメントではこうした意見に似た事を言う人もいますが、10年以上以前と比べると格段に減っています。

逆に擁護したり、祝福するコメントが増加しているのです。意識に変化があるように感じます。

 

どうして年の差カップルが認められ始めた?

 

元々、同年代カップルでも年の差があるカップルでも気にしないという方が大半でしたが、一部の人から疑問の声が多かったという印象ですが、昨今の年の差婚の増加から慣れてきたという事かもしれません。

同時に平均寿命が80歳以上に伸びた事で、今後も医療の発達と食生活の改善で伸びる可能性もあります。

寿命が延びたからといっても、病気によって亡くなる年齢も若い事例もありますよね。人は自分が亡くなる年齢は意外と高いほうに無意識に設定する傾向がありますが、決して全員が平均年齢まで生きるとは限りません。

年齢が高いほうが90歳まで生きて、低いほうが50歳で亡くなるという可能性もあるのです。そう考えると年齢差は二人が同じ年齢で亡くなる前提で語られている事なのかもしれません。実際にはそういう事は起こらないですよね。

同時に世の中が多くの「違い」を認める社会になってきた事も影響があるという専門家もいます。年齢差といったものは違いを認めるというものに分類できるかどうかはわかりませんが、歳の差婚や歳の差で付き合う事も認めようという雰囲気があるというのも関係していそうです。

 

年の差カップル当人は気にしていない

 

年齢差があるカップル達は年齢差を気にしている事もありますが、多くが納得しています。年齢差が魅力だと考えているカップルも多いのが特徴です。

過去に同年代と付き合っていた、結婚していて失敗して年齢差のある相手を選んでいるというケースも多いです。年齢差カップルになる魅力は何でしょうか?

 

年齢差を気にしたのは付き合う前だけです。彼が18歳年上、私がまだ20代でした。見た目が30代かなと思っていたら実際には50歳前で驚きましたが、その時には好きになっていたし価値観も性格も見た目も全部好きで、結婚後も全然かわりません。

2歳年下の元夫と離婚してから年下とか同年代が苦手になっていました。すぐに怒るし好き勝手にするから全然話にならない事が多くてトラウマに。離婚後数年して知り合ったのが同じ会社の今の夫です。14歳年上で落ち着いているし人生経験が豊富だからなんでも頼りになります。前の結婚ではさみしい事が多かったけれど、今はずっと一緒に居てくれるしねる時も彼の腕で寝られる安心感が本当に幸せです。

歳の差で彼女が50代、僕が30代です。親子ほど離れているけど実際はそういう感じは全然無いです。彼女は看護師で気が強いし僕は大人しい性格なのでちょうどよいのです。喧嘩もしたことないし毎日楽しいです。

 

歳の差があるカップル、夫婦は年齢差は全然意識していないという方が多いです。年齢よりも性格が合うとか、中身の魅力に惹かれているというケースが多いです。

 

年齢差によるデメリットよりメリットを楽しんでいる

 

年齢差によるデメリットは良く目にするのが年上のほうが先に老ける、死ぬ可能性があるからというものがありますが、全ての人が同時に老けたり、死ぬ事は無いので当てはまりません。

性的な衰えを言う事もありますが、多くの場合能力的に問題無い事が多くなっています。そういう意味では年齢差があっても健康で、若々しい人が多いのかもしれません。

歳の差で仲良しのカップルはデメリットではないかと言われる事をデメリットと考えていません。むしろメリットである、包容力、経験値などをメリットと考えています。歳の差、同年代でも愛する事は同じという事でしょう。

 

 

今みんなが読んでいるページはこちら